造林・保育事業

IMG_3853_地拵え1.jpg

伐採後、新たに苗木を植えるための場所を整理します。

残った枝葉や灌木を等高線に沿って集め、棚にします。

切り株等を低く伐ることで、下刈の時にキックバックを起こす可能性が減り、欠損木を減らすことができるなど、これからの作業の効率化につながります。

植付

え後に苗木を植えていきます。

苗木が抜けないように深めに土を掘り、まっすぐ立つように植えて土を踏み固めます。

苗木の根を空気にさらすと直ちに乾燥が進んでしまうため、麻袋等に詰めて背負いながら植えていきます。

1 (154).JPG
1 (93).jpg

下刈

苗木の成長を妨げる雑草や雑木を刈ります。

植付け後、5~8年間、年に1~2回、7月~8月に行います。

除伐

除伐には、除伐1と除伐2の2種類があり、除伐1は下刈を終えた木を5年間ほど置いた後、新たに生えた雑草や雑木を刈払機で刈ります。

除伐2はそこからさらに年数を置き、ある程度の大きさになったところでチェーンソーを使用し発育不良や曲がった木を伐ります。

1554625783980.jpg
001_edited.jpg

枝打

枝を落とすことで栄養を幹に集中させ。成長を促します。

枝の根元をまっすぐ丁寧に落とすことで節のない木となり、材としての価値が上がります。

枝を落とすことで日光が入り、木の成長を促します。

間伐

木が成長して混み合って来ると、日の光が入りにくくなり、十分な成長が出来なくなります。木の成長を促すため、枯れた木や曲がった木を間引きます。

間引いた時の日光の入り具合や、木と木の間のバランスを考えて行います。

あまりに間が空くと地盤が緩み、土砂の流出を招いてしまう可能性を考慮し、伐る木は慎重に選木します。

より良い材となる木を見極め、残します。

1557202269448.jpg
IMG_4729_雪起こし.jpg

雪起こし

雪の重さによって倒れてしまった木を、麻縄等を使ってまっすぐに起こし、固定します。雪解け後に行います。

山を手入れし、育てる。

そのために必要な作業が、造林・保育です。

木の苗を植えるための下準備となる「地え」から、山の環境保全と材の質を高めるための「間伐」まで、弊社が行っている造林・保育事業の一連の流れをご紹介します。